人気ブログランキング |


<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

File.634 「Zero」 2007年12月26日
今年最後の名探偵コナンは、vs怪盗キッドの解決編。

盗聴器に気づきながらわざと言っている様子?
大胆不敵に展示台まで飛んでくるキッド。飛び掛って取り押さえられそうなものの、煙幕とともに黒装束を纏ってまんまと逃走。

仲間に合図を送ると、ずいーっと上昇!?
屋上で待ち構えるコナン、先端ぎりぎりに立って真下を見下ろしてるのに怖くないのかな(^^;
自分だったら柵を乗り越えることも出来ません(笑)

なるほど、滑車の原理。
なんだか面白そうなトリック、実際にやってみたいです(笑)
でも、仲間は無傷で着地できるのかな?

最後はハンググライダーで仲間を助けつつ逃亡。 
翌日の新聞には、コナンと見切れる次郎吉おじさん。しょげちゃってます、可哀想(笑)

そして、6月から始めた当感想日記ですが、無事に新年を迎えられそうです。
毎度、拙い文章ではありますが、読んでくださっている方々には、とても感謝しております。
来年もどうぞよろしくお願いします。皆様、良いお年を!
by shiragikujp | 2007-12-27 01:15 | サンデー | Comments(0)

デジタルリマスター版(第309-311話) 「黒の組織との接触」 2007年12月17日
2007年最後の放送は、組織との事件。

冒頭の赤井秀一との再開シーンは、何度見ても印象的です。
この頃は、赤井秀一が強い味方になるとは思ってみませんでした^^;
それと、この時まででしたね、コナンが単独で組織に迫るのは。
二元ミステリー以降は、FBIと共に対峙するので、スケールもより大きくなっています(でも、久しぶりにコナン単独での組織編も読みたいな)。
とは言え、交渉から接近に至るまでの過程などが面白くて好きな事件の一つなので、こうして再放送されるのは嬉しいです。

スタッフに関しては、決死編(解決編)の作画監督の佐々木恵子さんがこの一連の特別編集版すべてに同じ形で関わっていらした事に驚きました。

次回は年明けですが、溜めていた組織の伏線関連の事件もひっくるめて「赤と黒のクラッシュ」シリーズとして放送するようですね。
第一回は「発端」。内容は間違い電話の事件。
単純に、間違い電話(1話)→黄泉からの殺人者(2話)→鴉の唄(2話)→赤井の過去(3話)→鋼の楔(3話)で11週という感じで行くのかどうか、すごく気になります。

作画監督:川島明子、杉本道明、佐々木恵子
構成:三家本泰美、市丸知佳
絵コンテ:三家本泰美、市丸知佳
演出:松浦錠平、広嶋秀樹、戸澤稔
各話制作スタッフリスト
by shiragikujp | 2007-12-18 00:02 | リマスター | Comments(2)

File.633 「3つのタブー」 2007年12月12日
怪盗キッド編の第3話

随分と格好良い扉絵。個人的に、コナンはシリアスな表情が似合っている気がします。
本編は、場面が変わって探偵団と下校するコナンたち。
話の内容は前回までのおさらいといった感じ。

上機嫌な次郎吉おじさん。やっぱり一面狙い(笑)

帽子を目深に被って自作自演するキッド、群集をネイルに近づけるのが目的の様子。
人ごみの中でキッドにトランプ銃を突きつけられるコナン。中々緊迫した絵面です。
サーストンの3原則。初めて知りました、為になるなあ^^;

昨夜の映像に映ったビルの電光掲示板を見て、トリックに気づいたコナン。
上へ流れるLEDの文字と一緒にビルの上へ?忍者みたいに、その文字の描かれた布に隠れつつ・・・

合併号のため、来週はお休み。次回は、年の瀬真っ只中の26日に。
by shiragikujp | 2007-12-12 19:14 | サンデー | Comments(0)

File.632 「瞬間移動」 2007年12月5日
怪盗キッド編の2話目。

青山先生は椎名先生と親しいのでしょうか、絶対可憐チルドレンが(笑)
コナンの劇中で他の方の作品が出てくるのは珍しいですね、ちょっと驚きました。
でも、青山先生の描く薫と葵は貴重ですね。

そして本編、煙幕と共に消えたキッド。
人ごみに紛れながら発信機をカードに取り付けばら撒き、二度目の煙幕でビルの屋上に・・・
ミュールの片方が模造品だったことから、明晩、本物を用意してほしいと次郎吉に告げて飛び立つが、コナンの蹴ったボールがかすめる。
割れて落ちるモノクルや、高いところから夜景をバックに話すキッドを見ていると「世紀末の魔術師」のワンシーンを思い出します。

警備員がケチャップまみれの手で触ったマントが屋上での映像に映っているため、屋上へ瞬間移動したキッドは本物らしい。
ヘリコプターとワイヤーを使って引き上げたとかでしょうか・・・、全く自信ないです^^;
by shiragikujp | 2007-12-05 17:24 | サンデー | Comments(2)

第490話 「服部平次vs工藤新一 ゲレンデの推理対決」 2007年12月3日
秋のミステリースペシャル、最後を飾るのは中学生時代の事件。
単行本50巻のトリを飾った作品でもあり、新一、蘭、平次、和葉に加え、園子や新一、平次の両親が登場するなど、キャラクター重視で見ても楽しめそうですね。

本編ですが、やはりカットが多くきつきつの印象でした。原作5話分ですから、三部作が適していますが、ミステリースペシャル自体が想定外でしたので仕方ありませんね。
ただ、そんな自体もかえりみず、作画・演出等はとても優良な出来栄えでした。
特別な話ゆえ、製作の方々も気合が入っていたのでしょうね!

事件は、嘘を嘘で塗り固め、被害妄想でスタントマンを殺めた俳優への復讐。
推理では、あまり活躍できなかった片品探偵ですが、「復讐は復讐を呼ぶだけ-」の言葉は重いですね。
二人の探偵が偶然にも同時に推理を披露し、引き分けになるというのは青山先生らしいですね。
そして、やはり父は偉大なり(笑)
ラストの新一と平次がすれ違うシーン、緊張感のある演出で鳥肌モノでしたね。

今回は初期と最近のサントラが入り混じっていたのが印象に残りました。
箕輪さんの遺体を発見するシーンで「鎮魂歌」のものが、三俣さんが動機を話すシーンで「紺碧」のものなど。どちらも新しいためか、アレンジされていませんでした。
その他は、放送開始当初に作られた初期のものが多く使われていて、当時のものを見ているような錯覚さえしました。

次回は特別編集版の「黒の組織との接触」。おそらく年内最後ですが、楽しみです^^

サブキャラクターデザイン:佐々木恵子
作画監督:佐々木恵子、増永麗、牟田清司
構成:佐藤真人、青木雄三、鎌仲史陽
絵コンテ:佐藤真人、青木雄三、鎌仲史陽
演出:戸澤稔、鎌仲史陽、鈴木吉男
各話制作スタッフリスト
by shiragikujp | 2007-12-03 21:34 | アニメ | Comments(4)

名探偵コナンの漫画、アニメに対する感想日記です。
名探偵コナン情報
≪コンテンツ≫
名探偵コナン
各話制作スタッフリスト

メールフォーム
 ご意見・ご連絡などは
 こちらからお願い致し
 ます
≪劇場版≫
・最新作
紺青の拳
 2019年4月12日公開
≪リンク≫
コワレ処名探偵コナン支部
ばてこな・すたいる
こなん通信社
スワッチのアニメ日記
ytv アニメルーム
Being SPECIAL SITE
東京ムービー公式HP
劇場版公式HP
まじっく快斗1412

名探偵コナン公式バナー
検索
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
記事ランキング
最新のコメント
ブログパーツ
ブログジャンル