人気ブログランキング |


<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第502話 「赤と黒のクラッシュ 潔白」 2008年4月28日
赤と黒のクラッシュ第12話。1月から続くシリーズも、残すところ後わずかです。

原作1話分のページ数で作っているためか、尺に余裕があるようで、細かく丁寧に進んでいた気がします。
特に埠頭のシーンでの絵コンテや特殊効果は、雰囲気を高めていてとても良かったです。
ジョディとキャメルのやり取りも、何とも楽しかったですね。ジョディが一瞬、顔をしかめる所に芸の細かさを感じました。

そういえば、ジンが未発表であるはずの事件の内容を細かく知っていたのが、今でも気にかかります。
やはり、現場に居た人の中に仲間が居たと言うことでしょうか・・・

あまり関係ないですが、ジンが最後に言った「奴が死ぬには相応しい日だ」。
これって、来年の映画の予告で言っていた台詞と同じですね。
と言うことは、この一連のシリーズを映画化?まさか(笑)

来週は、またお休み。仕方がないとは言え残念です。

サブキャラクターデザイン:佐々木恵子
総作画監督:佐々木恵子 / 作画監督:アベ正己、岩井伸之
脚本:古内一成
絵コンテ:青木雄三
演出:山崎茂
各話制作スタッフリスト
by shiragikujp | 2008-04-30 01:47 | アニメ | Comments(5)

File.648 「工藤新一の殺人」 2008年4月23日
一難去らずに又一難と言う具合に、謎が深く進んでいきますね。
今週は、扉絵も新一で何だか新鮮です。

誠人さんの境遇が見えてきましたね。
予想以上に、色んな事が複雑に絡み合っているようです・・・
死羅神の正体、こちらにも関係していそうで、非常に気になります。
もう一つ、日原村長の部屋の変な荒らされ方。
オリンピック云々の話を聞くに、日原一家の事件は、村長の若い頃が関係しているような気がしました。

「言ってはならない真実」ということは、誰かを庇って(?)無理心中ということにしたんでしょうか。
そこに真相が隠されているのかなと思います。

蘭は、無意識のうちに新一に違和感を覚えていたみたいですね。
その横では、歯軋りをする死羅神が・・・
もう、何が何だか分かりません(笑)
確実に言える事は、河内さんを殺したのは、(本物の)新一ではないと言う事ですよね。


今回は、「戦慄の楽譜」についても、ネタバレしない程度に・・・

とにかく、とても出来の良い作品だと思いました!!
ミステリーの土台である、事件や推理等がしっかりとしていて、全編にわたって重厚感が感じられます。
もちろんそれだけでなく、映画のテーマである音楽を中心に、人間関係や展開が緻密に練られていて、最後までまったく飽きさせません。
特に、ゲストキャラクターが皆個性豊かで、中でも「秋庭怜子」は、第二の主人公と言っても過言ではないほど活躍しています。

今回の映画は、劇場で観て損は絶対にありません。心底お勧めの映画です!!
by shiragikujp | 2008-04-23 21:39 | サンデー | Comments(0)

劇場版第11作 「紺碧の棺」 2008年4月21日
今回の作品は、全体的にシンプルで気軽に楽しめる、と言った印象でした。

謎解き自体は、そう難しいものではありませんでしたが、実在の女海賊を物語りに絡め、それを蘭と園子に当てはめた点などは、面白いなと思いました。

特に、クライマックスの遺跡崩壊は迫力満点です。
他にも、冒頭のカーチェイスシーン(放送ではカットされてしまいましたが)。こちらも、思わず息を呑む様な、怒涛のドライブテクが披露されています。
どちらのシーンも、実際には非現実的でありながら、リアリティを求めた作画がなされ、スタッフの方々の苦労が垣間見れます。

犯人の岩永さん。あれで殺人者じゃなければ、実に良いキャラクターだったと思います。
あのほのぼのとした雰囲気は、すごく落ち着きます(笑)
そんなキャラクター、原作でも登場してほしいなあ、なんて思いました。

とはいえ、映画全体を観ると少々物足りない点もありますが、先に書いたとおり「気軽に楽しめる」。そんな映画もいいかなと思いました(^^

監督:山本泰一郎
総作画監督:須藤昌朋
作画監督:山中純子
作画監督補:牟田清司、清水義治、堀内博之、金井次郎、金澤比呂司
        糸島雅彦、石井繁
脚本:柏原寛司
絵コンテ:山本泰一郎
絵コンテ協力:亀垣一、奥脇雅晴、影山楙倫、辻泰永
演出:山本泰一郎、かわむらあきお、辻泰永
各話制作スタッフリスト
by shiragikujp | 2008-04-22 00:50 | 劇場版 | Comments(0)

MAGIC FILE2 「工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件」 2008年4月
監督:山本泰一郎
作画監督:竹内昭、菅原浩喜、川口弘明
脚本:古内一成
絵コンテ:秋津南
演出:堀内直樹
MAGIC FILE制作スタッフリスト(詳細版)
by shiragikujp | 2008-04-18 04:35 | 特別編

File.647 「失われた記憶」 2008年4月16日
約1年振りの巻頭カラー。表紙のコナンも、どことなく誇らしげですね。
見開きは、記憶を失った新一。
構図もとても良いですよね。夕陽を中心に、染まる山並みと川面が綺麗です。

本編ですが、だいぶ混乱しています(笑)
とにかく先が読めず、今週までの状況も不審な点が多く、完全に青山ワールドの虜になっています。
少なくとも、薬の効力が1日程度という事は、その間に事件も解決させるのかな、と。

とはいえ、新一が本物かどうか疑わしいような気も・・・
蘭の反応が、少し不自然な気がするんですよね。
久しぶりの再会で、尚且つ記憶喪失なのに、発見時以来、話しかけていないですよね。
他にも、死羅神様の体格や顔の輪郭が、彼に似ているのも少し気になったり。

事件の方は、登場人物も増え、徐々に概要が見えてきましたね。
思っていた以上に、屋田さんが事件に深く関わっていました。

次週は合併号。
気になる展開が続くときの合併号ほど、憎いものはないです(笑)
by shiragikujp | 2008-04-17 15:04 | サンデー | Comments(0)

第501話 「赤と黒のクラッシュ 嫌疑」 2008年4月14日
赤と黒のクラッシュ第11話。久々に探偵団が登場し、ほっと一息といった感じです。

冒頭のあらすじは、順を追って簡潔にまとめられていて、分かりやすかったです。
うろ覚えになっていた方も、何とか付いて来れると良いですね。

組織のシーンでの一連の演出は、とても良かったです。ここは、原作以上に迫力が感じられました。
作画の面でも、所々アップになるハーレーなど非常に丁寧でしたが、この辺りの原画を大塚健さんが担当したのですかね。

場面は一転、久々に明るい曲と探偵団が。
会わせられないのは、ロリコンだから。まさか、その発想はなかったです(笑)
バイキングは束の間、高木刑事がやってきて事情説明。漫画だとそうでもないですが、アニメだと子供相手に話す素振りが少し目立っちゃいますね。
それに対しては、目暮警部の憤りが良いフォローになっています。

もはや別人の様なキャメル捜査官(笑)
名誉挽回のためにも、今後も登場し活躍してほしいですね。

サブキャラクターデザイン:佐々木恵子
総作画監督:佐々木恵子 / 作画監督:山崎展義
脚本:古内一成
絵コンテ:松本佳久、佐藤真人
演出:細田雅弘
各話制作スタッフリスト
by shiragikujp | 2008-04-15 15:11 | アニメ | Comments(0)

File.646 「憎悪の村」 2008年4月9日
期待を遥かに上回る展開に、本当に驚きました・・・
率直に「これは凄い事になって来たな」と思いました。

山小屋でのおぞましい光景から始まりますが、この人物は差出人の屋田さんとは別人の様な感じですね。
役場の人によると、半年前から行方不明と言う事ですが、その頃に真犯人に口封じか何かで殺害されてしまった・・・とかでしょうか?
それにしても、村ならではの独特の雰囲気って結構好きです。
都会を舞台にした事件と違い、良い意味で不気味さが増しますし、自然の多い田舎の風景も良いですよね。

とはいえ、今回は何と言っても新一復活がメインですね。
偶然、一人になった時に発作が起こったと言うのが、不幸中の幸いでしょうか。
平次があげた特効薬と言うのも怪しいですね・・・
それにしても、「こっそり試そうと思った」は恐ろしい(笑)

小屋の下が川だったため、何とか生還した新一ですが、どうやら記憶喪失になっている様子。
ただ復活するだけでなく、一工夫凝らしてあるところに感服です。
しかし、同時にコナンはいなくなっている訳ですから、そのあたりはどうやって誤魔化すのかも気になるところです。

次週は、1年ぶりの巻頭カラー。今後の展開や事件の謎など、先週以上に期待が膨らみます!!
by shiragikujp | 2008-04-09 17:14 | サンデー | Comments(0)

名探偵コナンの漫画、アニメに対する感想日記です。
名探偵コナン情報
≪コンテンツ≫
名探偵コナン
各話制作スタッフリスト

メールフォーム
 ご意見・ご連絡などは
 こちらからお願い致し
 ます
≪劇場版≫
・最新作
紺青の拳
 2019年4月12日公開
≪リンク≫
コワレ処名探偵コナン支部
ばてこな・すたいる
こなん通信社
スワッチのアニメ日記
ytv アニメルーム
Being SPECIAL SITE
東京ムービー公式HP
劇場版公式HP
まじっく快斗1412

名探偵コナン公式バナー
検索
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
記事ランキング
最新のコメント
ブログパーツ
ブログジャンル