<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第507話 「カラオケボックスの死角(前編)」 2008年6月30日
終始テンポ良く進み、ギャグシーンも演出が効いていて、とても楽しめました。

瑛祐の帝丹高校でのシーンは、意外なことに初めてですね。
一高校生というよりは、水無の弟という立場の方が大きかったからでしょうか。
登校シーンは原作にはなかったので、より珍しく感じました。

キャラクターといえば、数年ぶりにトメさんが登場しましたね!
傍らには娘さんも一緒で、ファンとしては嬉しい限りです(笑)
そのシーンでも、単に原作での高木刑事の台詞を置き換えるだけでなく、物証であるカメラを提示させるなど見事なフォローもありました。

作画は、修正し切れてない(?)箇所も見受けられましたが、アップのシーン等は非常に良かったです。
特に涙を浮かべる蘭は、原作の柔らかさが良く出ていたと思います。
動きは、カラオケシーンでの園子のドアップや髪のなびき、腕の振りが滑らかだなあと思いました。

コナンの音痴ぶりも素晴らしかったです!久々にあれを聞くと元気が出ますね(笑)

作画監督:山崎展義
絵コンテ:名村英敏
演出:細田雅弘
各話制作スタッフリスト
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-30 23:57 | アニメ | Comments(2)

File.655 「回る凶器」 2008年6月25日
分かってはいたものの、実際に手を繋いだまま縮む絵面をみると驚きますね。
麻酔が効いてるとは言え、いつ起きるかも分かりませんし、バレるかバレないかの一番の瀬戸際は、実はここだったんじゃないかなと思ってしまいました(笑)

さて、新シリーズには久々に探偵団が登場。
舞台は回転寿司屋という事で、目にも楽しい雰囲気です。
店内の描写も細かいですね。やはり取材のために訪れたんでしょうか、羨ましい(笑)
コナンは、名所から身近な所まで、様々な場所が舞台になる事も魅力の一つですね。

そして、目暮警部は疫病神の正体にっ(笑)
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-27 23:08 | サンデー | Comments(0)

第506話 「弁護士妃英理の証言(後編)」 2008年6月23日
今週も丁寧な演出が目立っていて、とても楽しめる30分でした。

活字だけだと少々難解なトリックは、絵が加わる事でだいぶ分かりやすくなりましたね。
読み物と違い、刻一刻と進んでいく映像作品では、こういう分かりやすい描写が非常に大事なんだなあと実感しました。
夫婦の些細なやり取りも、少し大げさに表現することで流れにメリハリが付きますし、なんと言ってもキャラが活き活きとして見えるのが良いですね。

今回は音楽の面でも、上手く盛り上げる使い方がなされていて印象的でした。
特に、英理さんの捜索差押許可状(早口言葉みたいですね、笑)のシーンやAパートの終了部分などが際立っていました。

ちょっとした仕草や表情など、割と繊細な動きがあった作画も良かったです。
輪郭が鋭角気味なカットもありましたが、他の部分は基本的に好みの絵柄でした。

それにしても、スタッフの方々の変化でこうも変わるものなんですね。
どちらかと言うと初期・中期に近いこの雰囲気にはとても惹かれ、これからのコナンにも大いに期待しています(^^

作画監督:朴旲烈
絵コンテ:於地紘仁
演出:黒田晃一郎
各話制作スタッフリスト
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-24 15:26 | アニメ | Comments(0)

File.654 「推理の答え」 2008年6月18日
春から始まった久々の新一編も、今週で遂に幕引きです。

今回の件で、さらに二人の仲は近づいたんじゃないかなと私は思いました。
確かにストレートに伝えたわけではありませんが、二人ともオブラートに包みつつも、気持ちの半分くらいは伝え合えた様な気がします。
そして、本命はやはり物語の最後の最後にとって置いてあるんだろうな、と半ば確信しました。

発作に襲われながらも手を離さなかったのは、愛情と同時にせめてもの罪滅ぼしの様な意味があったからではないかな、と思います。
探偵としてのプライドか、最後まで自分で真相を語ろうとした新一。その意志の強さにも驚きました。
どんな時でも自分らしさを貫くところが、新一の良さでもありますよね。

次回は、これまでの流れがどう展開するんでしょうか。楽しみに待ちたいと思います(^^
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-20 03:37 | サンデー | Comments(3)

第505話 「弁護士妃英理の証言(前編)」 2008年6月16日
約1ヶ月ぶりの放送再開。長かった・・・実に長かったです(笑)
特にスタッフ変更のことが気になっていて、余計にそう感じたのかもしれません。

まず、キャラデザに須藤さんが復帰して下さった事が非常に嬉しかったです。
慣れ親しんだ綺麗な絵柄だからか、とても安心感がありました。
OPは良く動き、キャラが活き活きとしていて、OPらしいOPだと思いました。物語性があるのも目新しくて良いですね。
対照的に切なくも優しい雰囲気のED、こちらも歌共に良いですね。「その回のダイジェスト」も無くなってなくて一安心です(笑)
原画の方々も、いつも以上に豪華な布陣で驚きました。

本編も、それに準じた丁寧な作画で好印象です。頭をぶつけるコナンのシーン、コミカルな動きと表情が上手く描写されていたと思います。
そして監督のコンテ。葉坂さんの殺気と不気味さを最大限に表現していて驚きました。新鮮ですし、中々好きな演出です(笑)
前述のコミカルなシーンも存在感があり、ゆっくりスライドさせるカメラワークなど、メリハリの効いたコンテであると思いました。

背景もだいぶ雰囲気が変わりましたね。今までのイースターの美監さんは、比較的メタリカルな印象で、それはそれで好きだったのですが、今回の谷村さんはそれ以上に私好みでした(笑)
画風は、以前の美監だった石垣プロの渋谷さんや光元さんに近いと思います。アナログっぽい質感や色彩が素敵です。

事件の方、今回の見所はやっぱり夫婦の駆け引きでしょうか(笑)
喧嘩するほど仲が良いを地で行っているところが、毎度の事ながら微笑ましいです。
蘭と新一もどこかそんな所があって、親子なんだなあと改めて感じます。

オープニング作画監督:須藤昌朋、山中純子
原画:牟田清司、村中ひろび、野武洋行、兵頭敬、川口隆
    早川淳一、佐々木恵子、松坂定俊、大野泰江

エンディング作画監督:須藤昌朋、山中純子
原画:本橋秀之、大浪太 XEBEC M2

作画監督:増永麗
絵コンテ:於地紘仁
演出:戸澤稔
各話制作スタッフリスト
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-17 01:47 | アニメ | Comments(2)

File.653 「オレの推理」 2008年6月11日
今週は推理編、ということで事件を中心に話が進みますが、新一と蘭の間にも進展を期待させる描写があり、早くも次回が気になる所です。

事件の方、一番怪しいのは、直前まで真後ろに付いていた下鳥さんかなあと思いましたが、あまり自信ないです(笑)
窓の穴は、そこにヒモを通し何らかの方法でパワーウインドウを開かせ、その力で首を絞めたと言う事でしょうか?
ただ、パワーウインドウで首を絞めるトリックは、以前にもありましたからどうなんだろう。

今回、二人の高校生探偵をさめた感じで静観する佐藤刑事がちょっと意外でした(笑)
と言っても、それが一般的な反応でもあるんですけどね。
そして早速、二人が只者じゃない事に気づいた様子。以前、高木刑事がコナンの正体に迫った事がありましたよね。
これもそう言った事への伏線なのかな、と少し思ったりしました。

来週は解決編。早くも薬の効果が切れそうな新一ですが、後味良く締められると良いですね。
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-12 13:30 | サンデー | Comments(0)

File.652 「ホントに聞きたいコト」 2008年6月4日
またしても予想外の展開になって来ました。

何としても、今までの無念さを晴らしたかった新一にとって、まさに恵みの解毒剤となりましたね。
残り少ない時間で、どう区切りをつけるのか。
二人にとって、少しでも納得の行く結末だと良いですね。
博士と哀も健気で且つ頼りになります。

東京への帰り道で佐藤刑事とアッシー君に遭遇(笑)
そう言えば、新一と佐藤刑事が会うのは初めてですね。
平次や和葉も含め、今回は割と珍しいメンバー構成。こう言う真新しさも面白いです。

そんな中、高速道路上で密室殺人に遭遇。
実際に、この様な蛇行状態の車に出会ったら恐ろしいですね・・・
車中での絞殺事件は以前にもありましたが、今回はいかなるトリックなのでしょうか。

相変わらずの興味を惹かれる展開に、次週も期待したいです(^^
[PR]
by shiragikujp | 2008-06-04 20:41 | サンデー | Comments(2)

名探偵コナンの漫画、アニメに対する感想日記です。
名探偵コナン情報
≪コンテンツ≫
名探偵コナン
各話制作スタッフリスト

メールフォーム
 ご意見・ご連絡などは
 こちらからお願い致し
 ます
≪劇場版≫
・最新作
ゼロの執行人
 2018年4月13日公開
≪リンク≫
コワレ処名探偵コナン支部
ばてこな・すたいる
こなん通信社
スワッチのアニメ日記
ytv アニメルーム
Being SPECIAL SITE
東京ムービー公式HP
劇場版公式HP
まじっく快斗1412

名探偵コナン公式バナー
検索
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
記事ランキング
最新のコメント
ブログパーツ
ブログジャンル